大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)


大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)

大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)

細部

  • タイトル: 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)
  • ISBN : 33125412
  • ファイル名 : 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖-双葉文庫.zip
  • リリース日 : 2004/10/1
  • ページ数 : 279 ページ
  • 著者 : 坂岡 真
  • 著者について :坂岡 真
  • パブリッシャー:双葉社


書籍の説明

ダウンロード PDF 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫) によって 坂岡 真 無料で logbooks.pro. ここでは、余分なお金を費やす必要なしに無料でPDF形式のファイルでこの本をダウンロードすることができます。ダウンロードするには、以下のダウンロードリンクをクリックしてください 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫) PDF無料で., 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)

大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)

札差に借りた金の返済に、旗本が商家の娘の持参金を目当てで嫁に迎えいびり出すという“女房食い”。小太刀の達人・浅間三左衛門は、身投げ女おかめの話からそれを知り、旗本佐久間家に一策を講じる。情と小太刀の必殺技で江戸の世相を描いた書き下ろし長編時代小説。 江戸堀江町は履物屋と傘屋が多く、照れ降れ町とも呼ばれていた。その裏長屋に住む浪人浅間三左衛門は、十分一屋(仲人屋)のおまつに食わせてもらっている。下駄職人次郎吉が身投げ女を救ったことから、持参金目当てで商家の娘を嫁に迎え借金返済を済ませたあとでいびり出すという札差と旗本の企みを知る。三左衛門の侠気と富田流小太刀が悪を断つ。江戸の情緒と人情を活写した書き下ろし長編時代小説。

大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫) pdf の電子ブックのダウンロード、無料の電子ブックこのステーション、無料の電子ブック 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫) 無料のオンライン予約、大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫) の本を無料でダウンロードし、書籍 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫) のダウンロード無料の PDF 大江戸人情小太刀―照れ降れ長屋風聞帖 (双葉文庫)

電子書籍を無料でダウンロード

登録が必要